ベビーゲートの設置場所と方法

ベビーゲートの設置場所と方法

赤ちゃんが危険な場所に近づけないように設置するベビーゲートの取り付け方はどうするのでしょうか。
基本的には危険な部屋や場所に近づかないために設置するものです。
ですので、設置する場所としては階段、台所、ベランダ付近に設置することになります。

 

ベビーゲートにはフェンスタイプと開閉式タイプの二種類に分れます。
しかし、どちらのベビーゲートも、階段、台所、べランダの入り口付近が一番設置し安いはずです。
入口付近は、通常扉であれ壁であれ両サイドが狭くなります。
この部分が一番、ベビーゲートを設置やすい空間と言えるでしょう。
取り付け方としては、ベビーゲートの部品や材具を両サイドの壁なりにネジや釘何かで取りつけることとなるはずです。

 

キットでベビーゲートを購入した場合は、細かい部分はそのキットの取扱説明書の指示に従いましょう。

 

特に、階段上に設置する開閉式ベビーゲートは両サイドへの取り付けが緩いと崩れてしまう危険性があるので特に取り付け方には注意しましょう。