ベビーフェンスとベビーゲート

ベビーフェンスとベビーゲート

ついこの間までねんねだけだった赤ちゃんも、あっというまハイハイしたり、つかまり立ちしてよちよち歩き出したり。
赤ちゃんの成長はあっというまです。
自分で動けるようになった赤ちゃんには、危険がいっぱい。
何もない部屋にずっと閉じ込めておくわけにはいきませんので、赤ちゃんが危険な場所に立ち入らないようにベビーフェンスやベビーゲートを活用するのがベストです。

 

ベビーフェンスは、またぐタイプの仕切り柵、ベビーゲートは開閉できるタイプのもの。
ベビーフェンスは価格が安く、設置箇所を選ばないのがメリットですが、またいで通らなければならないので大人にとってはちょっと面倒です。
うっかり、足をひっかけて転んでしまうこともあります。

 

特に、キッチンの出入り口に着けることが多いので、食事を運んだりするときにもまたいで通るのはこぼしてしまいそうでイライラしそうですよね。
その点、開閉式のベビーゲートなら、危険な時だけロックすれば大丈夫なので、大人が頻繁に通る場所ならベビーゲートが便利です。