ベビーゲートは柵タイプがおすすめ

ベビーゲートは柵タイプがおすすめ

小さな子どものいる家庭では必須ともいえるベビーアイデアグッズのひとつ、ベビーゲート。
大人にとっては今までなんの障害もなくスムーズに動けていたところに、いきなり『仕切り』ができてしまうことになるので不便さを感じてしまいますが、これも大事な子供のためですね。

 

さて、ベビーゲートには、大きく分けて仕切りの全面が覆われているものか、柵になったオープンなタイプのものか、この2種類があります。
高さにもよるのですが、全面が覆われているものだと柵の向こう側が見えないので、子供の状態が把握できないことがあります。
さらに、ゲートで壁ができることで、風通しが悪くなることもありますので、そのあたりも要チェックです。

 

柵タイプは見通しがよく、風通しもよいのでおすすめ。
全面が覆われたタイプのものと比較しても、設置したときに圧迫感も少ないので、総合的に判断して柵タイプのほうがいいかもしれません。
ベビーゲートは結構、家の中で存在感を放つものなので、インテリアに合ったもの、好みのデザインのものを選ぶようにしましょう。