ベビーゲートを設置できない部屋の対策

ベビーゲートを設置できない部屋の対策

赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんが危険な目にあわないよう、いろいろな対策が必要です。
危険な場所にいかないように、ベビーゲートを設置する人も多くいます。

 

ベビーゲートはとても便利で安心ですが、ネジやつっぱり式で固定するものなので、突っ張れる壁面がないと設置ができません。
突っ張るためには壁面の強度も必要ですし、壁紙に跡がついたり、壁面に傷がつくこともあるので賃貸のお部屋だとベビーゲートの設置が難しいこともあります。

 

ベビーゲートを設置できない部屋での対策としておすすめなのは、水などのペットボトルの入ったダンボール箱を一列にズラリと並べて設置する方法。
中身が入っているとかなり重量があるので、赤ちゃんはどかすことができません。
ダンボール箱なので危険もありませんし、飲料ペットボトルのストックにもなるので一石二鳥です。

 

ただ、赤ちゃんが成長してくると上によじのぼれるようになるので、そうなる前までの期間限定となりますが。
ベビーゲートを設置できない部屋では、試してみるのもいいですね。